「Apple Watch Series 3」のセルラーモデルで音楽をストリーミング再生した場合、バッテリー持続時間は最大7時間に

以前、Appleは「Apple Watch Series 3」の発売に伴い、Apple公式サイトで同端末のバッテリー持続時間に関する情報を公開している。

公開された情報によると、「Apple Watch Series 3」のバッテリー持続時間は一晩の充電で18時間ほどであるとのことだが、さらに音楽ストリーミング再生を利用した場合のバッテリー持続時間が新たに公開されている。

「watchOS 4.1」の音楽ストリーミング再生を利用した場合、バッテリー持続時間は最大7時間

昨日公開された「watchOS 4.1」では、「Apple Music」や「iCloud Music Library」で音楽をストリーミング再生できる新機能や、新アプリ「ラジオ」が追加されているが、これらの機能を利用して音楽を再生した場合のバッテリー持続時間が判明。

公式サイトの情報では、「Apple Music」や「iCloud Music Library」で音楽をストリーミング再生し続けた場合は最大7時間、「ラジオ」アプリでラジオを再生し続けた場合は最大5時間ほどのバッテリー持続時間であるとのこと。

「Apple Watch」でストリーミング再生ができるようになったとはいえ、このバッテリー持続時間では長時間の音楽再生は少々厳しい。

数時間程度であれば全く問題なさそうだが、山登りなど5〜7時間以上運動し続ける場合には、「Apple Watch」単体での使用はしないほうが賢明かもしれない。

ちなみに、「watchOS 4.1」はすでに一般ユーザー向けにリリースされており、iPhone内にある「Watch」アプリからアップデートが可能だ。アップデート内容については以下の記事を参考にしていただければと思う。

[ via Engadget ]

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Edition
 ・Apple Watch Series 1
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。