iFixitによる「iPhone X」分解レポートが公開 バッテリー容量は2,716mAh、L字型2セルバッテリーと二層式ロジックボードが搭載

本日11月3日は「iPhone X」の発売日だが、早速、美しい端末を美しく分解していくことで定評のあるiFixitが、「iPhone X」の分解レポートを公開している。

皆さんお待ちかね、新型iPhoneの中身を覗いてみようのコーナー

公開された分解レポートによると、「iPhone X」はバッテリーがL字型に配置されていることや、メインのロジックボードが2層式になっていることなど、多くの変更があることが判明している。

レポートの中で一番目を引くのが、L字型に配置された2つのバッテリー。バッテリーの総容量は2,716mAhで、2,691mAhの「iPhone 8 Plus」よりもバッテリー容量自体は大きい。おそらく、「iPhone 8 Plus」よりも小さいスペースを、最大限に使うためにロジックボードを二層化し、バッテリーを分割して搭載したものと考えられる。

また、ロジックボードには東芝製のフラッシュメモリやQualcomm製のLTEモデムなどが搭載されているようだ。

そして、恒例の修理のしやすさを示すリペアスコアは10段階中6。背面がガラスになっているため、もし破損した場合は全ての部品を取り外し、シャーシ全体を交換する必要があるからであるとのこと。

▶︎ iPhone Xの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。