「iPhone X」を鋭利なもので擦ったり、ライターで炙る耐久テストがYouTubeで公開

先日、人気YouTubeチャンネルEveryThingAppleProが「iPhone X」の落下・水没テストの動画を公開したことをお伝えした。

動画では「iPhone X」がどちらのテストもクリアし、そこそこの耐久度であることが判明していたが、次はJerryRigEverythingという別のYouTubeチャンネルが、「iPhone X」を引っかいたり、ライターで熱したり、本体を折り曲げる耐久テストの動画を公開している。

iPhone Xの耐久度はiPhone 7 / 8シリーズと同等程度

動画では、「iPhone X」をカッターなどで引っかくスクラッチテスト、ライターで炙るテスト、本体を折り曲げるベンドテストの3種類のテストが行われている。

まず最初に行われたのはスクラッチテスト。先端が鋭利なもので「iPhone X」を引っかいた際に、どの程度の傷ができるかどうかを検証するものだ。

テストでは「モース硬度(鉱物に対する硬さの尺度を10段階で表したもの)」のどのレベルまで耐えられるかを検証。まずはディスプレイを引っ掻いたところ、レベル6から傷がつき始めていることから、「iPhone 7」シリーズや「iPhone 8」シリーズとほとんど同じレベルであることが判明している。

また、ディスプレイを鍵やコイン、カッターなどで引っかいたところ、全く傷はつかなかったため、「iPhone X」と一緒にポケットに入れるような一般的なものでは傷がつくことはなさそうだ。

ただし、背面のガラスをカッターで引っかいた際に、擦るように動かした程度では傷はつかなかったものの、側面に近い部分を削り取るように動かすと徐々にガラスが削られている

「iPhone X」を削るようなシチュエーションになることはほとんどないと思うが、強化ガラスであってもこのような傷には弱いということだけは認識しておこう。

次に行われたのは、ライターを使って本体を炙るテスト。今回「iPhone X」にはiPhone史上初の有機ELディスプレイが搭載されたが、果たして耐熱性はどの程度なのか。

ディスプレイにライターの炎をしばらく当ててから離すと、炎が当たっていた部分は白くなってしまっている。従来までの非有機ELディスプレイを搭載したiPhoneでは熱した部分が黒くなっていたため、それとはまた違う結果となったようだ。

また、熱した直後はタッチした時の感度が下がっていたようだが、ディスプレイが冷えると元の感度に戻ったという。

そして、最後に行われたのはベンドテスト。「iPhone X」を横向きに持ち、真ん中あたりにググッと力を入れて折り曲げようとするのだが、「iPhone X」はビクともしなかったようだ。

以上がJerryRigEverythingが公開した「iPhone X」の耐久テストの結果だ。従来の端末に比べて強度が増したとは言えないが、少なくとも「iPhone 7」シリーズや「iPhone 8」シリーズと同程度の強度はあると考えても良いだろう。

テストの詳細が気になる方は、以下から動画を視聴していただければと思う。

▶︎ iPhone Xの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。