2018年発売のネクスト「iPhone X」はやはり2モデル体制に データ伝送の向上のためにより複雑な金属フレームを採用か

今月3日、Appleは最新モデルの「iPhone X」を発売。多くのユーザーから好評を得ることに成功しているが、同社はすでに来年のiPhoneの開発に向けて動いていることが分かっている。

先日、KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏は、2018年に発売予定の次期iPhoneについて、「iPhone X」に搭載された「TrueDepthカメラ」が引き続き搭載すると予想していることが明らかになっていたが、本日、Kuo氏はこれに続く新しい情報を公開した。彼の公開したレポートによると、次期iPhoneの金属フレーム部分は、「iPhone X」のものよりも「複雑」なものになると伝えている。

この金属フレームの複雑化の要因は、主にデータ転送の向上のためであるとのこと。今月発売した「iPhone X」は全部で4つのパーツを組み合わせた金属フレームになっているが、来年のiPhoneはさらに多くのパーツを組み合わせて作られると予想しているようだ。

当然これが事実であれば、次期iPhoneは端末デザインに変更がある可能性も。Kuo氏は端末デザインの変更については特に触れていないため、どのように変更されるのかは現段階では分かっていない。

さらに、Kuo氏は台湾のサプライヤーであるCatcher TechnologyとCasetekは、次期iPhone用金属フレームの受注を獲得したと伝えている。この2社で次期iPhoneの金属フレームを製造する予定で、今年発売した「iPhone X」の次期モデル、そしてさらに大型のモデルの2モデルが誕生する予定であるとのことだ。

Appleは今年、3つの新型iPhoneを発売した。これまでと同様に「Touch ID」を搭載した「iPhone 8 / 8 Plus」と、有機ELディスプレイと「Face ID」を搭載した次世代型端末の「iPhone X」。

Appleが来年のラインナップをどのように揃えるのかは不明だが、一部の海外メディアからは、来年発売するiPhoneは全て有機ELディスプレイと「Face ID」が搭載することが予想されている。

今回、Kuo氏が伝えている情報はこの説を後押しするものでもある。次期iPhoneについてはまだまだ情報が少ないが、少なくともAppleは着々と次期モデルの開発を進めているようだ。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。