「iOS 11」のシェアは52%に 11月6日時点までのiOSのバージョン別シェアが公開

先日、Mixpanelが計測しているiOSのシェアのグラフでは「iOS 11」のシェアが55%に到達したことが明らかになっていたが、この数字はほぼ正しかったようだ。

本日、Appleはデベロッパー向けのサポートページで11月6日時点までのiOSのバージョン別シェアを公開。公開された円グラフによると、「iOS 11」のシェアは52%ほどであることが判明した

円グラフでは「iOS 11」のシェアが52%、続いて「iOS 10」が38%、その他が10%となっている。iOS端末を利用しているユーザーのうちの約半数は「iOS 11」を利用しているものの、まだ「iOS 10」を利用しているユーザーが結構いるようだ。

今回は「iOS 11」がリリースされてから初めての情報公開となったが、やはり革新的な変化が多かった「iOS 10」に比べると、「iOS 11」の普及スピードは少し遅いようだ。

とはいえ、リリースからまだ1ヶ月と少ししか経っていないこともあるため、まだ「iOS 11」へのアップグレードを様子見しているユーザーも多いのかもしれない。次回の発表でどれほどシェアが増えているか楽しみにしておこう。

ちなみに、今回Appleが発表したiOSの普及データに関しては、「iOS 10」のリリース以降定期的に発表されており、計測方法は「App Storeを訪れたユーザーのバージョンを調べる」という方法を用いているとのこと。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。