Apple、次期iPadでホームボタンを廃止へ Face IDを採用したベゼルレス「iPad Pro」を2018年9月にリリースか~Bloomberg報道

iPhoneからホームボタンがなくなったのなら、次はいよいよiPadの番。次期iPadはホームボタンが廃止され、ベゼルレスなモデルが登場するかもしれない。

Appleは現在、iPadの新型モデルを開発中。この新型モデルは先に発売した「iPhone X」と同様にホームボタンが廃止され、ベゼルレス仕様に、そして顔認証機能「Face ID」が搭載されるとのこと。Bloombergが報じている。

次期「iPad Pro」はホームボタンが廃止、ベゼルレスデザインに

報道によれば、同モデルは新型「iPad Pro」として登場する予定で、「iPhone X」に導入された顔認証機能「Face ID」が搭載予定。顔を見せることで画面のロック解除やApple Payが利用できるものとみられる。

また、ホームボタン廃止に伴って、指紋認証機能が廃止される見込み。今後の生体認証は、指紋認証から顔認証にシフトすることが予想される。

さらにベゼルが狭くなることで画面は大型化、端末のコンパクト化が行われる可能性があるが、Bloombergはこれについて触れていないため、次期iPadの画面サイズなどについては不明となっている。ただし、端末デザインが変わることはほぼ間違いなく、「iPad Pro」シリーズとしては初のデザイン刷新となりそうだ

ただ少々残念な話かもしれないが、次期「iPad Pro」には有機ELディスプレイは搭載されない見込み。「iPhone X」のように美しい画面になるわけではなさそう。現在、Appleのサプライヤーは有機ELディスプレイの生産量引き上げに取り組んでいるようだが、「iPad Pro」向けに供給するほどの余裕はないとみられる。

そうとなると気になるのは、新型「iPad Pro」のインカメラなどのコンポーネントはどこに配置されるのか。「iPhone X」の場合は、画面上部にセンサーハウジングと呼ばれるノッチ(凹)エリアが設けられており、この部分に多数のセンサーやカメラが凝縮されている。もし次期「iPad Pro」がベゼルレスデザインになるのであれば、「iPhone X」と同様にノッチが設けられるはず。

このノッチは、黒を正確に表現できる有機ELディスプレイのおかげで画面の境界面を曖昧にすることができることから採用されていると言っても過言ではない。

しかし、有機ELディスプレイを搭載しない「iPad Pro」ではノッチは浮いた存在になってしまわないだろうか。実際、「iPhone X」を使い出すと、「白画面+ノッチ」の組み合わせに違和感を感じなくなるものの、中にはノッチの食い込みを気にする方もいるはず。Appleはこの違和感をどのように解消するのだろうか。

ホームボタンとベゼルが廃止されたiPadに関しては、今年6月に発表されることが一部メディア、アナリストからは予想されていたが、結果的に登場したのは画面が大型化した新型「iPad Pro 10.5-inch」。だがその後もホームボタンが廃止されたiPadの噂は絶えず、Appleが秘密裏に開発していることが予想されていた。やはりこの噂は本当だったのだろうか。

Bloombergの情報によると、新しい「iPad Pro」の登場は2018年9月頃で、より高速化したプロセッサ、Apple独自のGPUが搭載する。また、「iPad Pro」と同時に新型「Apple Pencil」も開発中であると同メディアは報じている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。