「Apple Park」内のビジターセンター、11月17日にオープン 近隣住民を招待へ

Appleは今年、新本社施設「Apple Park」を米カリフォルニアに建設。同敷地内には、本社ビルだけでなく多数の施設が建設されたが、そのうちビジターセンターについてはまだオープンされていない状態だった。

しかし、現地時間11月17日、ついにビジターセンターがグランドオープンすることが判明したとのこと。9to5Macが伝えている。

新本社「Apple Park」内にあるビジターセンターは、メインキャンパスの付近にある建物で、限定グッズが売られているApple Storeのほか、カフェや屋上展望台などが収容されている。

このビジターセンターがオープンする11月17日にはイベントが開催される予定だが、Appleはまだグランドオープン関連の情報を正式には発表しておらず、イベントがいつから行われるかは不明となっている。また、その前日の16日には近隣住民を招いたプレビューイベントも開催されるという。

17日にどんなイベントが行われるのかはまだ分からないが、Appleならきっと楽しいイベントを準備してくれているはずだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。