「iPhone X」、急激な温度変化によってディスプレイが反応しなくなる不具合が存在 今後のアップデートで修正予定

現在、「iPhone X」を使う一部のユーザーからGPSの位置情報に不具合があるという報告が挙がっているが、他にもディスプレイが反応しなくなる不具合も存在することが判明。

MacRumorsによると、「iPhone X」は寒い環境で使った場合、一時的にディスプレイが反応しなくなる現象が起こることがあるとのこと。

これは一部のユーザーからの報告(Reddit / MacRumors Forum)で判明したことで、暖かい屋内から寒い屋外に持って行った時に起こる急激な変化でディスプレイが反応しなくなるケースがあるという。ちなみに、不具合発生後、数分程度でディスプレイは再び反応するようになるようだ。

Appleのサポートページによると、iPhoneの許容可能な動作温度は0℃~ 35℃ 。低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあるとする。保管する場合は-20℃~45℃の間。しかし、今回の報告では上記温度内であったとしても、急激な温度変化があれば不具合が発生したケースがあった。

The Loopによると、Appleは同問題をすでに認識しているとのことで、原因はハードウェアではなくソフトウェア側の問題とみられ、今後のソフトウェアアップデートで修正される予定。日本を含めた北半球は、これから寒い季節に突入するため、早期の修正アップデートを期待したい。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。