「iPhone X」のバッテリー消費を大幅に減少させる方法 黒壁紙や反転(スマート)機能で画面をできるだけ黒に

「iPhone X」には、iPhone史上初となる有機ELディスプレイが搭載されている。有機ELディスプレイは、黒表現の際にピクセルが発光しないという特徴があるため、黒の表示を多くすることでバッテリー消費を大幅に抑えることが可能だ

この特徴を利用することで、「iPhone X」ではどのくらいのバッテリーを節約できるのかをAppleInsiderが検証。その結果を報告している。

反転(スマート)機能や黒の壁紙を利用するだけで省電力に

まず、AppleInsiderは、アクセシビリティにある「反転(スマート)」機能をオンにした状態で画面を最大輝度にし、ブラウザでRedditを表示させるという検証を実施。

通常、Redditでは白の背景に黒の文字が表示されるのだが、「反転(スマート)」機能をオンにすることで、背景を黒に、文字を白にすることができる。この状態で3時間ほど画面を表示させたままにしたところ、「iPhone X」のバッテリーは100%から85%まで減少したという。

その後、バッテリーを再度充電して「反転(スマート)」機能だけをオフにし、それ以外の条件は全く同じで検証を行なったところ、バッテリーは100%から28%にまで減少。つまり、「反転(スマート)」機能を利用することで、実に58%ものバッテリー消費を節約することができることが判明した。

次に検証が行われたのは、「iOS 11」で追加された真っ黒な壁紙を設定してホーム画面を表示させるというもの。

こちらも最大輝度で3時間ほど表示させ続けたところ、「iPhone X」のバッテリーは77%まで減少。カラフルな壁紙を使って同じ条件で検証したところ、バッテリーは61%まで減少したとのことから、黒の壁紙を設定するだけで16%のバッテリー消費が節約できたということに。

さらにバッテリーを節約したい場合は、アクセシビリティにある「グレースケール」機能を利用することで、画面がモノクロになってしまうものの、より多くのバッテリーを節約することができるという。

以上の実験から、「反転(スマート)」機能や「グレースケール」機能、黒の壁紙などを駆使することで、「iPhone X」ではバッテリー消費量を大幅に減らすことができることが判明した。

「反転(スマート)」機能や「グレースケール」機能は、「設定」アプリの[アクセシビリティ]>[ディスプレイ調整]>[色を反転]から設定することができるので、「iPhone X」ユーザーはぜひ活用していただければと思う。

ちなみに、この方法でバッテリーを節約できるのはあくまで有機ELディスプレイを搭載した「iPhone X」のみで、そのほかのiPhoneは全く効果がないので注意してほしい。

▶︎ iPhone Xの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。