「iOS 11.2 beta 3」、コントロールセンターのWi-Fi/Bluetoothボタンの動作説明がポップアップ表示されるようになっていることが判明

「iOS 11」では、コントロールセンター内のWi-Fi/Bluetoothボタンは機能自体をオフにするのではなく、それぞれが接続しているWi-FiやBluetoothアクセサリからの接続を一時的に解除するように機能が変更されている。

これまで、同ボタンは単純に機能のオン/オフを切り替えるためのボタンだったため、この変更に戸惑った人も多いとは思う。しかし、本日朝に開発者向けにリリースされた「iOS 11.2 beta 3」では、Wi-Fi/Bluetoothボタンをタップした際に、動作の説明がポップアップ表示されるようになり、より上記の仕様が分かりやすくなっているようだ。

このポップアップ表示は、初めてコントロールセンター内のWi-Fi/Bluetoothボタンがタップされた時に表示されるようで、一度表示された後は「Disconnecting Nearby Wi-Fi Networks Until Tomorrow(近くのWi-Fiネットワークは明日まで切断されます)」 もしくは「Disconnecting Bluetooth Devices Until Tomorrow(Bluetoothデバイスは明日まで切断されます)」というメッセージが画面上部に表示されるようになるとのこと。

ポップアップ表示(2回目以降は上部のメッセージ)が表示されることで、「iOS 11」で変更になったWi-Fi/Bluetoothボタンの動作が多少は分かりやすくはなるのではないだろうか。ちなみに、コントロールセンターのWi-Fi/Bluetoothボタンの動作に関してはこちらの記事で詳しく説明しているため、気になった方は確認していただければ幸いだ。

また、「iPhone X」では、右上のバッテリー残量などが表示されている部分をスワイプダウンすることでコントロールセンターを開くことができるが、これを分かりやすくするため、「iOS 11.2 beta 3」では細長いバーが表示されるようになったとのこと。まだ操作に慣れない人には嬉しい変更かもしれない。

[ via MacRumors ]

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。