「iOS 11.2」、「iPhone X」や「iPhone 8 / 8 Plus」のワイヤレス急速充電(7.5W)に対応か

今年発売した「iPhone X」や「iPhone 8 / 8 Plus」には、iPhone史上初のワイヤレス充電機能が搭載。現時点でこれらの端末はまだ5Wまでのワイヤレス充電にしか対応しておらず、今年中のアップデートで7.5Wの急速充電に対応することがすでに発表されているが、そのアップデートは「iOS 11.2」で行われるかもしれない。

MacRumorsによると、「iOS 11.2」のベータ版をインストールした「iPhone X」で最大出力7.5Wの急速充電ができることが確認できたとのこと。

「iOS 11.2」のベータ版で7.5Wのワイヤレス急速充電に対応していることが判明

MacRumorsは、Apple公式サイトでも販売されている最大出力7.5Wのワイヤレス充電器「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」を利用し、「iOS 11.2」のベータ版をインストールした「iPhone X」の充電速度を確認。

すると、最大出力5Wのワイヤレス充電器では30分で46%から60%までしか充電できなかったのが、同ワイヤレス充電器を利用した場合は46%から66%まで充電することができたとのこと。

この検証を行うにあたって、MacRumorsは通常どおり「iPhone X」を使用した場合を想定して速度の確認を行ったため、機内モードなどの特殊な機能は利用していないという。受信した通知などを考慮すると多少の誤差はありそうだが、同じ30分間で6%の違いが出たことを考えると、やはり充電速度は向上していると言えるだろう。

まだベータ版の段階での情報なので、必ずしも次のバージョンで7.5Wのワイヤレス急速充電ができるようになるとは断定できないが、もし不具合等がなければ「iOS 11.2」で一般ユーザー向けに同機能がリリースされることになりそうだ。

ちなみに、7.5Wの急速ワイヤレス充電への対応を発表しているワイヤレス充電器は、「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」や「mophie wireless charging base」、「RAVPower Alpha Series Fast Charge Wireless Charging Pad」など。通常のワイヤレス充電器より少し高価になるので、購入する際には自分の財布と相談してからにしよう。

Belkin Boost Up Wireless Charging Pad:7,538円(レビュー
mophie wireless charging base:7,538円
RAVPower Alpha Series Fast Charge Wireless Charging Pad:7,980円
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。