2019年発売のiPhone、背面カメラにも3Dセンサーを搭載へ

Appleは今年、iPhoneのオモテ側に3D認識ができるTrueDepthカメラを搭載した。同カメラのおかげで、「iPhone X」はユーザーの顔を立体的に認識することができるようになり、「Face ID」など多数の新機能が利用できるように。”未来の端末”と形容される所以はここにある。

しかし、Bloombergによると、Appleはさらに多くの3D認識センサーを搭載させる計画であるとのこと。2019年には背面カメラに3Dセンサーを搭載したiPhoneが発売する予定であると伝えている。

背面カメラにも3Dセンサーが搭載か

Bloombergの報道によれば、背面カメラに3Dセンサーを搭載することで、iPhoneはより高度な拡張現実(AR)アプリが利用可能になるという。

同メディア曰く、2019年に搭載される3Dセンサーは「iPhone X」のTrueDepthカメラとは異なるカメラシステム。TrueDepthカメラは何万もの赤外線ドットを同時に照射し、対象に当たったドットの歪みを認識することで、被写体の距離感や形状を把握することができるのに対し、2019年発売のiPhoneの背面に採用される3Dセンサーは、レーザー光線を発し、物体に跳ね返りまでの時間を計測することで距離感や形状を認識することができるという。

「iPhone X」に搭載されたTrueDepthカメラに関しては、引き続き搭載するものとみられ、あくまで新しい3Dセンサーは背面カメラだけに搭載されるとのことだ。

現行モデルの「iPhone 8 Plus」や「iPhone X」でも距離感を検知することが可能だが、それはデュアルレンズカメラによって実現されていた。ここで、同センサーを搭載することによって、より正確なデータを取得できるようになるかもしれない。

ただ、ここで気になるのはデュアルレンズカメラが引き続き搭載されるかどうかについて。もし3Dセンサーが搭載され、距離を正確に計測できるようになった場合、デュアルレンズカメラを搭載する意味合いは薄れるため、Appleは同システムを廃止する可能性がある。

Bloombergはこれについて言及していないため詳細は不明だが、もしこの報道が事実であれば2019年以降のiPhoneは全てシングルカメラを採用する可能性もあるのかもしれない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。