Firefox Quantum(Firefox 57)が正式リリース 新レンダリングエンジン搭載で昨年のバージョンから2倍に高速化

今年9月、ブラウザ「Firefox」を開発するMozillaは次世代ブラウザ「Firefox Quantum(Firefox 56)」を発表。同日からベータ版の提供が開始されていたが、11月14日に同ブラウザの正式リリースが行われている。

「Firefox Quantum」は、「Project Quantum」で生まれた次世代CSSエンジンが搭載されており、各デバイスに搭載されているマルチコアCPUを最大限に活用することでWEBページのレンダリング処理を高速化することに成功した次世代ブラウザ。

従来の「Firefox」に比べると、なんと2倍の早さで動作するとのこと。さらに、わずか15秒で1600以上のタブを起動できる「Quantum Flow」なども搭載され、メモリ管理も劇的に改善。少ないメモリ容量下でも快適に動作するように設計されている。

「Firefox Quantum」はこちらからダウンロード可能。次世代ブラウザを体験したい方はぜひ一度お試しいただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。