Anker、充電性能が向上した新モバイルバッテリー「Anker PowerCore II 10000」「PowerCore II 20000」を発売

高品質なアクセサリを提供するAnkerから、最新のモバイルバッテリーが登場。11月15日、Ankerは大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore II 10000」と「Anker PowerCore II 20000」を発売したことを発表している。

新技術「PowerIQ 2.0」を搭載した新型モバイルバッテリー

今回、販売が開始された「PowerCore II」シリーズは、今年5月に発表された最新の充電技術「PowerIQ 2.0」を搭載した製品。

「PowerIQ」は、もともと充電ポートに接続した端末を自動で検知し、最も適切な電流を流すというAnkerの独自技術。同社の製品のほぼ全ての充電器やモバイルバッテリーに「PowerIQ」は盛り込まれていたが、今回の「PowerCore II」には、この次世代チップが組み込まれている。

「PowerIQ 2.0」の搭載により、複数個必要だったチップを一個にまとめることができるため、モバイルバッテリーのさらなる小型化や軽量化を施すことが可能になったさらに、充電性能も向上した結果、従来の1.8倍まで入出力が増加したとのこと。

「Anker PowerCore II 10000」は重量195gとかなり軽量。バッテリー本体には、LED Wheel(8つのLED表示が配置)によってバッテリーの残量を確認するのも簡単。滑りにくく、握りやすいストライプメッシュ加工を新たに採用し、日常で使用する際の利便性とデザイン性も追求しているため使い心地も良さそうだ。

そして「Anker PowerCore II 20000」は、さらに大型のモバイルバッテリー。重量は440g、基本的な性能は「Anker PowerCore II 10000」とほぼ同じとなっているが、20,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、何度でもスマホを復活させることが可能だ。

これらのモバイルバッテリーで充電できる回数は以下のとおり。「iPhone 8」であれば最もコンパクトな「Anker PowerCore II 10000」でも約3回充電することができる。

  バッテリー容量 充電できる回数
Anker PowerCore II 10000 10,000mAh 「iPhone 8」約3回
「Galaxy S8」2.2回
「iPad mini 4」1.2回
ほぼ全てのスマートフォンを2回以上充電可能
Anker PowerCore II 20000  20,000mAh

「iPhone 8」約6.5回
「Galaxy S8」4.4回
「iPad mini 4」2.4回
「iPad Pro 9.7inch」2回
ほぼ全てのスマートフォンを2回以上充電可能

ちなみに、「PowerCore II」シリーズは急速充電規格「Quick Charge」にも対応している。対応する充電器を使用すれば4時間〜5時間でバッテリー本体をフルチャージすることができる。

それぞれの製品の価格は、「Anker PowerCore II 10000」が3,299円。「Anker PowerCore II 20000」が4,799円。どちらもAmazonで購入可能となっている。購入は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。