「AirPods」のケースをiPhoneスタンドとして使うユーザーが現る

Appleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」を持ち運ぶ上で必須のアイテム「充電ケース」。同ケースを使うことで、最大24時間の連続再生が可能になるため、外出の際には持って歩く人が多いことと思う。というか、ほぼ全員が持ち歩いているだろう。

しかし、この充電ケースにはAirPodsを充電する以外にも便利な使い道があることが判明した。とあるユーザーのツイートのおかげで、AirPodsの充電ケースが、なんとiPhoneスタンドとして利用できることが判明している。

今回話題になったツイートは、Tidingsの開発者であるOmar Elfanek氏が投稿したもの。彼はAirPodsの充電ケースを「iPhone X」のスタンドがわりに使う様子をツイートし、話題を集めている。

動画を見ていただければお分かりいただけるように、見事にiPhone Xスタンドとして機能しているではないか。まさに発想の勝利。

筆者も自分の持っているAirPodsで試してみたのだが、スタンドとしては完璧ではないものの、それなりに安定感はある。全然、使えなくはない。

わざわざiPhone用スタンドとしてAirPodsを買う人もいないとは思うが、AirPodsを使っている時にiPhoneを立てるにはピッタリなので、カフェなど外出先で動画を見る際などに役立てていただければと思う。

Apple公式サイトでAirPodsやワイヤレス充電対応ケースをチェック!
▶︎ AirPods Pro
▶︎ AirPods + ワイヤレス充電対応ケース
▶︎ AirPods + 通常充電ケース
▶︎ ワイヤレス充電対応ケース(単体)

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。