LINE、メッセージを時間限定で取消できる「送信取消」機能を2017年12月以降に実装へ

LINE-logo

LINEは、「LINE」アプリで送ったメッセージを消去できる機能を、2017年12月以降に新たに実装することを発表した。さらに、実装に先駆けて、誤送信の思い出を精算する「#LINE誤爆 Black FRIDAY」キャンペーンを本日から開催することを併せて発表している。

LINEがメッセージの取消機能を搭載する理由は、ユーザビリティの向上及びコミュニケーションの選択肢を拡大させるため。間違った相手に送信してしまったことはおそらくLINEを使っている方なら一度は体験したことがあるのではないかと思うのだが、この”誤爆”メッセージを削除できるようになることで、恥ずかしい履歴を消し去ることが可能だ。

送信取消の対象となるメッセージは、 機能提供開始時は24時間以内に送信したメッセージと限定的だが、実装後はユーザーの反応を見ながら検討時間の増減を検討するとのことだ。

そして実装に先駆けて、11月16日(木)から11月24日(金)の期間、「#LINE誤爆 Black FRIDAY」キャンペーンを開催するとのこと。LINEを誤送信した体験談(黒歴史)をユーザーから募集し、 LINEの黒歴史のトップである「Best of #LINE誤爆」をみんなで決定するオンライン上のお祭りであるとのことだ。

秀逸なエピソードを投稿した方には、 なにが入っているかお楽しみの特製ブラックボックスやLINEポイント(1万円相当)をプレゼントする。

さらに、LINE選考委員会に選ばれた優秀作品20作品をLINEの公式Twitterアカウントがツイートするとのこと。これらをリツイートすることで、プレゼントを貰うチャンスが生まれる。このリツイート投票日程は、 ブラックフライデー当日である11月24日(金)で、 ブラックフライデーの開催時間と「送信取消」機能のメッセージ取消時間にちなみ、 24時間限定とする。

リツイート投票に参加した方にもLINEギフトコード(1,000円分)のプレゼントのチャンスがあるという。ぜひ参加してみてほしい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。