米TIME誌、iPhone Xやニンテンドースイッチを「2017年の発明品ベスト25」に選出

米TIME誌は、今年の発明品ベスト25に「iPhone X」や「ニンテンドースイッチ」を選出した。

毎年恒例となっている”The 25 Best Inventions”は、その年に生まれた発明品(製品)の中から画期的だった25個を選出する。昨年は、Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」が選出されていたが、2017年は世界的な大ヒットを記録した「ニンテンドースイッチ」や、発売以降しばらく品薄が継続している「iPhone X」が選ばれた。

「iPhone X」は世界で最も洗練されたスマートフォン

「iPhone X」に関して、TIME誌は端末全体が画面化し、顔認証を導入、ARに対応する最適なプロセッサを搭載するなど、”世界で最も洗練されたスマートフォン”に仕上がっていると絶賛。

同誌のインタビューで、「iPhone X」のデザイナーであるジョナサン・アイブ氏は、これまで当たり前だったホームボタンを廃止したことに関して、「未来を見据えた変更」であると説明しており、「iPhone 7」シリーズでイヤホンジャックを廃止したのと同じで、「過去の成功にしがみつくことはいずれ失敗につながる」とコメント。

Appleとしても新しい挑戦になったことは間違いないが、ユーザーからの感想などを見るかぎり、この目論見は成功したようだ。

TIME誌の2017年の発明品ベスト25はこちらから確認できる。今年発売した有名なものから、日本で未発売の優れた製品まで紹介されているので、少し気が早いかもしれないが、一足早く今年を振り返るという意味でも是非一度ご覧いただきたい。

▶︎ iPhone Xの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。