来月発売予定の「iMac Pro」にはGPSを利用した高度な盗難防止機能が搭載か

いよいよ来月に発売が迫っている「iMac Pro」。数日前の情報では、同端末には「A10 Fusion」コプロセッサが搭載され、常時「Hey Siri」が使えるようになるという情報があったが、さらに新しい機能に関する新情報が登場している。

Macのファームウェアファイルの分析に長けているPike’s Universumによると、「iMac Pro」にはGPSを利用した高度な盗難防止機能が搭載されるかもしれないとのこと。

モバイル通信を利用して位置情報を送信し続ける盗難防止機能が搭載?

Pike’s Universumが言うには、「iMac Pro」は最低でも4,999ドル(約56万円)、フルカスタムだと10,000ドル(約112万円)と、他のiMac端末に比べるとかなり高額であるため、これまでよりも厳重な盗難防止機能を搭載する準備が進んでいるという。

その機能というのが、SIMカードによる通信を利用して位置情報を送信し続ける「Find my iMac Pro」といった機能。同機能はオフにすることができないデフォルトの機能になるのだとか。

ただし、発見されたデータはiOSの”残り物”であり、「iMac Pro」がSIMカードの情報を利用してモバイル端末の代わりに電話をかける新機能である可能性も捨てきれないとのこと。詳細が明らかになるのは「iMac Pro」がリリースされてからになるかもしれない。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。