「HomePod」、開発まで幾度となく開発プロジェクトの中止と再開を繰り返していたことが判明

Appleが極秘で開発していたスマートスピーカー「HomePod」。5年も前から開発計画はスタートしていたようだが、残念ながら当初発表していた12月の発売は失敗に終わってしまった

次なる目標は2018年初頭。「Amazon Echo」や「Google Home」といった他社製品に遅れを取る形となるが、現在最後の仕上げを行なっているとみられる。

しかし、この「HomePod」。実はAppleは、何度も開発を中止した経緯があるようだ。

知られざる「HomePod」の開発秘話が今語られる

Bloombergによると、BoseやJBLなどのハイエンドオーディオデバイスより良いスピーカーを作ることを目的として、Macのオーディオ技術者たちが立ち上げたプロジェクトが、「HomePod」のはじまり。今から5年前の2012年の話だ。

オーディオ技術者たちは、自身の持つ本来の仕事を行うと同時に、同サイドプロジェクトを進行させていったが、技術者たちの日常の業務が大変だったからか、プロジェクトは幾度となく中止と再開を繰り返したという。

断続的にプロジェクトを進行させていった結果、プロジェクト開始から2年後の2014年に、同製品は正式に開発コード(B238)を与えられたことで、開発は本格化する。

Appleは複数の試作機を作り製品をテストしていたとみられ、Apple Storeの従業員に頼み、大学の寮やワンルームアパート、一般家庭の居間などあらゆる環境で試験を行なったという。

しかし、開発をスタートしてから3年後の2015年に、Amazonからスマートスピーカー「Echo」が登場したことで状況は少々変化

「Echo」は他のデバイスに依存することなく動作するスタンドアロン製品。クラウドベースのオペレーションシステムを搭載し、デベロッパーはスキルを開発することで多数の機能を実装することができる。

それに対して、「HomePod」はiPhoneの拡張版、つまり延長線の製品であるとBloombergは言う。音声認識技術は「Siri」の方が優秀かもしれないが、あくまでiPhoneを経由して動作するアクセサリにすぎない。「AirPods」のように。

このことからBloombergは、「HomePod」は音質を重視した製品であると伝えており、スマートスピーカーとしての能力は「Amazon Echo」を下回る可能性があると指摘する。

「HomePod」は先日の報道で、発売が12月から2018年初頭に延期している。何が原因で発売が遅れたのかは不明だが、”HomePodは主力端末という位置付けではなく、あくまでアクセサリ”、他社のスマートスピーカーに比べて発売が遅れたのは、こういった考えがあったからなのかもしれない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。