「Facebook Messenger」アプリ、4K画像の送信が可能に

時代は徐々に4Kの高解像度にシフトしつつある現代、ハードウェアだけでなくソフトウェア側も対応に追われている。

11月21日(現地時間)、Facebookのメッセージアプリ「Facebook Messenger」は4K画像の送信に対応したことを発表した。今後配信予定のアップデートによって、iOS・Android端末から4K画像の送信が可能になる。

「Facebook Messenger」は、単なるメッセージサービスではなく、画像のやりとりも頻繁に行われるサービスで、Facebookによると13億人のユーザーが170億の写真を送信し合っているという。

最近のスマートフォンは4Kカメラを搭載し、4Kの写真を撮ることが当たり前になりつつあるが、ユーザーのニーズに応えるため、Facebookは「Facebook Messenger」アプリで4K画像のサポートを開始することにしたという。

4K画像のサポートはアプリをアップデートすることで利用できるようになり、現時点では日本のほか、アメリカやカナダ、フランス、オーストラリア、イギリス、シンガポール、香港、韓国でダウンロードが可能になっているとのこと。そのほかの国や地域では今後数週間以内に対応が行われる予定だ。

Android版はこちらから

[ via Facebook Newsroom / INDEPENDENT ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。