Apple、京都に続き東京にも2つのApple Store新店鋪をオープン予定か

applestore

Appleは今月、「Apple 渋谷」を一時閉店し、同店舗をリニューアルすることを明らかにしている。さらに、京都にも新しくApple Storeをオープンさせることを計画していることも判明しているが、さらに東京都内にも新店舗が誕生する可能性があることが分かった。

Macお宝鑑定団Blogによると、Appleは千代田区と、豊島区もしくは新宿区に1店舗ずつApple Storeをオープンさせる計画であるとのこと。

2020年までに都内に2店舗のApple Storeがオープン予定

千代田区の新店舗に関しては、複数の候補地がある。千代田区と聞いて最初に思いつくのはやはり「東京駅」付近だが、その他にも有楽町や秋葉原など大きな駅が多く、候補地を絞るのは難しいだろう。訪日外国人が多い秋葉原にオープンする可能性もあると思うが、Appleのブランド戦略とオタク文化が共存できるかどうかも重要だ。

豊島区もしくは新宿区の新店舗に関しては、2016年以降に竣工された新築ビルが候補となっているとのこと。残念ながら、具体的にはどのビルかは明らかになっていない。

これらの店舗は2020年に開催される東京オリンピックまでにオープンするものとみられている。今後の情報に期待したい。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。