1秒で即時お金に変わる「メルカリnow」が誕生 メルカリもCASHの即時買取市場に参入へ

スマホのカメラで撮影するだけで、すぐに買取査定額が判明。あとは、郵送して現金を受け取るだけ。2017年にCASHが始めた買取市場だが、これにフリマアプリ大手のメルカリも参入する。

11月27日、メルカリは「メルカリnow」を発表し、同日12:00からサービスの提供を開始した

カメラで撮影した商品を即時買取してもらえるサービス

出品された商品のうち半数が24時間以内に売れるメルカリだが、忙しい現代人の中には売れるのを待つのではなく「今すぐに売りたい」というニーズもあり、それらに応えるために誕生したのが「メルカリnow」という新サービスだ。

「メルカリnow」はCASHと同様にカメラで服飾品を撮影することで買取査定額を表示し、買取額に納得した場合は即時買取額がもらえるシステム。査定から2週間以内に、メルカリから派遣された人が集荷に向かうため、あとは商品を渡して完了だ。ちなみに査定・集荷は無料

同サービスはメルカリアプリで利用できるとのことで、専用のアプリなどは存在しない。初めて利用する際には本人確認書類のアップロードが必要で、免許証や健康保険証、住民票の写しなどを撮影する必要がある(未成年は利用不可)。

また、査定金額の上限は最大2万円までとなっており、偽ブランドや盗品を現金化するなど不正を防止するために、スマホに保存されている写真を査定時に利用することはできないようになっているようだ。

忙しい現代人にピッタリのサービスだが、現段階では服飾品のみの買取に限られており、利用状況に応じて他の商品も買取対象に含まれるようになるとのこと。また、1日の買取額は最大1,000万円までと上限が設けられているが、今後上限の引き上げも考えているとのこと。

 Android版はこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。