「iOS 11」で「it」が「I.T」に自動変換される現象が発生中 海外のユーザーを中心に苦情の声

今年秋にリリースされた「iOS 11」に、文字入力に関する問題が発生していることが明らかになった。

MacRumorsによると、「iOS 11」を搭載したデバイスで、「it」を入力しようとした時に、自動的に「I.T」と変換されてしまう現象が起こっているとのこと。同問題は、世界的に話題になっているようだ。

iOSのタイプ自動修正機能に不具合か 今後のアップデートで修正の可能性

この現象は、「iOS 11」以降のバージョンをインストールしたiOSデバイスで発生しているとのこと。ただし、AppleサポートコミュニティMacRumorsのフォーラムに書き込んでいるユーザーなど、症状を訴えるユーザーは限定的ではあるようだ。

この問題は、iOSの文字入力を自動で修正する機能(Autocorrect)に原因があるとみられる。同機能はユーザーのミスタイプを自動的に修正するというものだが、「it」を「I.T」と誤って補完してしまう原因は明らかになっていない。

ちなみに、「it」→「I.T」の他にも、「is」→「I.S」と修正してしまう例も確認されているとのこと。

報告するユーザーの話では、上記の問題はiOSデバイスの再起動やアプリのキルなどで解決することができないという。解決策は、「設定」アプリのユーザー辞書に、「it」や「is」を登録するという方法、もしくは「自動修正」機能をオフにするという方法もある。根本を解決できていないため、これらの方法はあまりスマートとは言えないかもしれないが、もし同問題に悩まされている方はぜひお試しいただきたい。

ちなみに、iOSの自動修正機能に関しては、以前にも「i」を入力すると「A[?]」と自動変換される不具合が発見されていた。この問題はすでにアップデートで修正されているため、今回の「it」→「I.T」の問題もアップデートで修正される可能性がある。

▶︎ 10.5インチ / 12.9インチ「iPad Pro」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。