Apple、「Security Update 2017-001」の修正版をリリース ファイル共有ができない不具合を修正

本日、Appleは「macOS High Sierra 10.13」において、ログイン時にユーザー名「root」を入力することで管理者アカウントにログインできてしまう重大な不具合を修正したセキュリティアップデート「Security Update 2017-001」をリリースしたが、さらにその修正版がリリースされている。

当初の「Security Update 2017-001」では、ファイル共有機能が使えない不具合があったのだが、修正版ではそれが修正されているとのこと。名前は「Security Update 2017-001」のままとなっている。

同修正版のビルドナンバーは「17B1003」。すでに初めにリリースされた「Security Update 2017-001」を適用してしまった人も、まだ適用していなかった人も、Mac App Storeから「Security Update 2017-001(17B1003)」のインストールが可能だ。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。