NTT東西、「フレッツADSL」を2023年1月に提供終了へ 「フレッツISDN」も2018年11月に新規受付を終了

[ img via Senado Federal ]

NTT東日本・西日本が提供する「フレッツ・ADSL」が、2023年1月31日にサービスを終了することが決まった。さらに、「フレッツ・ISDN」の新規受付も2018年11月末に終了する。NTT東日本、NTT西日本が発表した。

今回、サービス提供終了と新規受付終了を発表した「フレッツ・ADSL」「フレッツ・ISDN」は、光回線による高速インターネット網の発達やスマートフォンの普及増加、さらに光回線の料金体系がADSL並みに下がってきたことから加入者が減少していた。「フレッツ・ADSL」については保守部品の調達もできなくなることから、サービスの継続は難しいとのこと。

「フレッツ・ADSL」が終了するのは、「フレッツ・光」のサービスが提供されているエリア(約68万件)で、光回線が利用できないエリア(約16万件)については引き続きADSLサービスの提供を行う予定。

同サービスの終了と同時に、NTT東西は光回線への移行を進める。NTT東日本はADSLやISDNから光回線に移行する際の敷設工事費用を無料にするサービスを提供することを発表。この無料サービスは2018年5月31日まで提供される予定だ。

ちなみに、「フレッツ・ISDN」の新規受付も2018年11月に終了することが発表されているが、保守部品の調達が依然として可能で、ISDNサービスは法人向けに需要があることから、同サービスの終了時期についてはまだ未定となっている。

[ via Engadget 日本版 ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。