Apple、iPhone用バッテリー管理チップを自社で開発か iPhoneのバッテリー持ちが改善されるかも

2019年以降に発売するiPhoneは、現行モデルに比べてバッテリー持ちが改善されることになるかもしれない。Nikkei Asian Reviewによると、AppleはiPhone用のバッテリー管理チップを自社で開発することを計画しているとのことだ。

これまでAppleは、iPhoneに搭載するバッテリー管理チップを他社製品に依存してきた。現行モデルに搭載されているバッテリー管理チップは、Dialog Semiconductor製のもの。同社のチップは、iPhoneだけでなくiPadやApple Watchにも搭載されている。

同社の製品の品質は決して低いものではないものの、もしAppleが同チップを自社で開発したら、これまで以上にハードウェア(端末)とソフトウェアを融合させることができる。つまり、デバイスにとって最適なバッテリー管理を行うことができるため、バッテリー持ちをこれまで以上に効率化することができるとみられる。

同情報を伝えているNikkei Asian Reviewによると、早くて2018年から自社製のチップを製造し、遅くとも2019年には自社製に切り替える予定であるという。この情報が本当かどうかは不明だが、早ければ来年発売の次期iPhoneに搭載されることになるとみられる。もしくは2019年に発売のiPhoneに搭載されるのかもしれない。

ちなみに同チップをAppleが自社開発に切り替えることで影響を受けるのは、これまでバッテリー管理チップを出荷してきたDialog Semiconductor。同社は全売上の74%をAppleに依存していることから、収入を大きく減らす可能性がある。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。