iPhoneが再起動を繰り返す不具合が発生も、本日配信の「iOS 11.2」で同問題は修正

本日12月2日、「iOS 11.1」以降を搭載したiOSデバイスで、再起動を繰り返す不具合が突如発生していた。同問題は世界中のユーザーから報告されていたのだが、同問題は「iOS 11.2」の配信と共に解決したようだ。

Appleは12月2日の夕方、iOS 11の最新版となる「iOS 11.2」を緊急配信。同アップデートを適用することで、「iPhone 8 / iPhone 8 Plus」「iPhone X」の高速ワイヤレス充電や米国では「Apple Pay Cash」機能がアンロックされたわけだが、同時に本日発生していた不具合を修正していることがわかった。

「iOS 11.2」へアップデートすることで不具合を解消可能

同問題は「iOS 11.1」以降のバージョンをインストールしたiOSデバイスで、12月2日0:00を境に発生していた模様。日付を跨いだ瞬間から問題が発生したことや「時計」アプリがうまく表示できなくなるなどの不具合もあったことから、時計関連の不具合である予想されていた(iPhoneの時計の時刻を手動で12月1日以前に戻すと再起動しなくなる、といった報告が上がっていた)が、家計簿アプリ「Zaim」の運営者によると原因は「繰り返し設定のあるローカル通知」を組み込んだアプリにあるという。同アプリをインストールした端末に限り、デバイスが再起動を繰り返すことがあるとのことだ。

この不具合については、Appleもサポートドキュメントを公開するなど不具合の対応に追われた。サポートドキュメントで、本日公開された「iOS 11.2」で同不具合は修正されたとAppleは伝えており、「iOS 11.2」へのアップデートは以下の手順で行うことを推奨している。

  1. 「設定>通知」をタップ
  2. アプリの通知を全て切る
  3. 「iOS 11.2」へアップデート
  4. アップデート後にアプリの通知をオンに

「iOS 11.2」は設定アプリからダウンロード、もしくはiOSデバイスをPCやMacと接続しiTunes経由で行うことが可能だ。iPhoneの時計の時刻を変更することで不具合を回避することは可能だが、それではあまりに不便なので、同不具合に遭遇している方は「iOS 11.2」へアップデートしてみましょう。

ちなみにApple製品の不具合については、先日「macOS High Sierra 10.13」において、ログイン時にユーザー名の箇所に「root」を入力することで、パスワードの入力なしでログインできてしまう問題が発見されていた。同問題もわずか24時間で修正されているものの、今回の不具合も含めてここのところ大きな不具合が連続的に発生している。

▼ Apple公式サイトでMacBook製品をチェック
MacBook Air
MacBook Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。