【レビュー】dodocoolのUSB-Cアダプタ付き10,000mAhモバイルバッテリー ケーブル一体型なのでUSB-Cデバイスをケーブルなしで手軽に充電可能

以前から当サイトでは、スマホアクセサリメーカーdodocoolのモバイルバッテリーをいくつかレビューしてきている。

dodocoolのモバイルバッテリーは、どれも安価な割に質はそこそこ良く、コスパに優れたものばかり。また、あらかじめケーブルが本体に内蔵されたケーブル一体型タイプのものが多く、モバイルバッテリー1つを持ち歩くだけでデバイスを充電できる手軽さが魅力的だ。

そんなdodocoolの製品に「USB-C」デバイスを充電できるケーブル一体型モバイルバッテリーがあることをご存知だろうか。今回、dodocoolからサンプル品をいただいているので、同モバイルバッテリーの使い勝手をレビューとして紹介したいと思う。

アダプタ使用でUSB-Cデバイスへの充電も可能なケーブル一体型モバイルバッテリー

今回ご紹介するdodocoolのモバイルバッテリーは、10,000mAhのバッテリーを搭載した大容量タイプのモバイルバッテリー。表面は光沢のないマット素材を使用しており、スルスルとした手触りが特徴だ。

10,000mAhのモバイルバッテリーの割に重量はそこまでなく、本体もコンパクトなので、服のポケットやカバンに入れても邪魔に感じることはほとんどない。サイズの目安としては、「iPhone SE」を一回り大きくしたくらいだろうか。

同製品の最大の特徴は、モバイルバッテリーにMicroUSBケーブルが搭載されているため、バッテリー本体だけで充電ができること。

MicroUSBポートを搭載したデバイスなら別途ケーブルを用意することなく充電が可能。また、ケーブル収納部分には取り外し可能なUSB-Cアダプタが収納されており、これを利用することでUSB-Cポート搭載デバイスも充電することができる

USB-Cアダプタは手で取り出すことは不可能なので、搭載されているMicroUSBケーブルをアダプタに挿して一緒に引き抜くように取り出す。アダプタは失くしてしまうと大変なので、使い終わったら必ず同じ場所に戻しておくようにしよう。

さらに、ケーブル収納部分にはUSB-Aポートも搭載。別途USB-A to Lightningケーブルを用意することで、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスを充電することも可能だ。

また、同モバイルバッテリーは同時に2つのデバイスを充電可能。本体に搭載されているケーブルを使って1つのデバイスを充電し、別途用意したケーブルをUSB-Aポートに挿して使うことで、もう1つのデバイスを充電できる(合計出力は最大3.1A、各ポートの最大出力は2.1A)。複数のデバイスを持ち歩くことが多い人には嬉しい仕様だ。

ちなみにUSB-Cが利用できるということで、12インチ「MacBook」を試しに充電してみたのだが、残念ながら使用しながらバッテリーを補充することはできなかった。スリープ状態では少しずつ充電できていたが、スマホやタブレット以外のデバイスを充電することは想定されていないようだ。

充電を開始するには、ただ充電したいデバイスをケーブルにつなぐだけ。何かのボタンを押すといった手間は必要なく、ケーブルを外すと約25秒間で自動的に電源が切れるようになっているので、無駄にバッテリーを消費することもない。

モバイルバッテリー本体の充電は、側面にあるMicroUSBポートから行なう。バッテリー残量が気になる場合は、本体を軽く振ると、残量に応じてデバイス上部のLEDインジケーターが4段階で点灯。目で直接バッテリー残量を確認することができる上に、いつでも確認できるのでとても便利だ。

最後に付属品を確認しておこう。同モバイルバッテリーには、モバイルバッテリー本体を充電するためのMicroUSBケーブルと、モバイルバッテリーを持ち運ぶ際に使える小さなポーチが付属品としてついてくる。もしLightningケーブルなどを別途持ち歩きたいときには、モバイルバッテリーと一緒にこのポーチに入れておくと、すぐに取り出せて便利かもしれない。

以上が同モバイルバッテリーの特徴だ。同モバイルバッテリーの良い点としては、ケーブル一体型なのでいちいちケーブルを持ち歩く必要がなく、カバンの中がごちゃごちゃするのを防げること。

そして、何よりも重要なのが、MicroUSBデバイスだけでなく、アダプタを使用すればUSB-Cデバイスも充電可能で、自分でケーブルを用意する必要があるがiOSデバイスも充電可能と、多数のデバイスを充電することができること。デュアル出力設計のおかげで2つのデバイスを同時に充電できるのもグッドだ。

筆者は普段からUSB-Cデバイスを持ち歩くことが多いのだが、同モバイルバッテリーのおかげでわざわざUSB-Cケーブルを持つ必要がなくなり、とても便利になった。また、同時に2つのデバイスの充電ができたり、バッテリー残量をLEDインジケーターで確認できるなど、細かい配慮が行き届いているのも好印象だ。

ただし、1つだけ気になる点としては、本体のMicroUSBケーブルはそこまでは丈夫な素材ではないので、雑に扱ったりするとすぐに悪くなってしまいそうなところ。せっかくの利点を損なってしまわないよう、本体のケーブルはできる限り丁寧に扱うように心がけよう。

dodocoolのUSB-Cアダプタ付きモバイルバッテリーは、Amazonで2,898円で販売中。購入は以下のリンクからどうぞ。

追記:サンプルを提供していただいたdodocoolから、割引クーポンを提供していただいている。購入前にクーポン「TXYZ4R6X」を入力することで20%オフで購入できるので、ぜひ活用していただきたい。クーポンは12月9日まで使用可能だ。販売元が SmartHome-JP でないと使えないので、その点は注意していただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。