Niantic、Ingressの次世代バージョン「Ingress Prime」を2018年にリリースへ

「ポケモンGO」の開発・運営を行うNianticは、2018年にハリーポッターの新作ゲームアプリを開発中であることを発表しているが、その裏で既存のゲームアプリ「Ingress」の大型アップデートを控えていることが判明した。The Vergeによると、同社は2018年に「Ingress Prime」もリリース予定であるとのことだ。

「Ingress」は、2012年にリリースされたiOS/Android向けアプリ。「ポケモンGO」と同じように、スマホの位置情報を使って遊ぶゲームタイトルで、当時は現実と仮想空間を織り交ぜたゲームシステムが話題になった。

「Ingress Prime」はその続編もしくは改訂版とも呼べる作品で、「Ingress」アプリをアップデートする形で提供される予定。変更はアプリのデザインやUIだけでなく、ゲームの基本部分まで行われる予定であるとのこと。さらに、 AppleのARKitを活用するなどAR機能の搭載も予定されているようだ。

アップデートは2018年とアナウンスされているが、具体的な時期は不明。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。