2018年に「AirPods」の出荷が倍増か 年間出荷台数は2,600万~2,800万台に

昨年12月、Appleは左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」を発売。瞬く間に人気となったAirPodsは、発売後しばらくは深刻的な在庫不足に陥っていたものの、今年9月にようやく在庫状況が改善され、現在では公式サイトからの注文だと1~3営業日でユーザーの手元に届くようになっている。

そんな大人気のAirPodsだが、なんと来年にはさらに出荷台数が増える可能性があるという。Apple製品の情報に詳しいKGI証券のMing-Chi Kuo氏が伝えている。

「AirPods」の2018年の出荷台数は2017年の2倍に

Kuo氏曰く、AirPodsは「Appleのワイヤレスエコシステムにおける最も重要なアクセサリ」であり、2018年の出荷台数は2,600万~2,800万台に達する可能性があるという。この数字は今年の出荷台数の2倍に相当する数であり、AppleはさらにAirPodsで大きな利益を生み出すことになるかもしれない。

ちなみに、AirPodsに関しては、来年に発売されるAppleの純正ワイヤレス充電器「AirPower」でワイヤレス充電が可能なAirPods充電ケースが登場する予定となっている。

噂によると、この充電ケースは今後のAirPodsのデフォルトのケースになる可能性があり、すでにAirPodsを購入してしまったユーザーは7,800円で買い替えが可能になるとのことなので、もしワイヤレス充電に対応した充電ケースが欲しい場合はもう少しだけAirPodsの購入を待った方が良いかもしれない。

Apple公式サイトで「AirPods」をチェック!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。