「iOS 11」普及率は59%に〜11月8日から7%増加 Appleが開発者向けにデータを公開

2017年11月8日、Appleは開発者向けにiOSのバージョン別普及率を公開した。11月時点では、「iOS 11」はデバイス全体の52%にインストールされていたことが判明していたが、本日12月6日にAppleは最新データを公開しているので紹介したい。

Appleが開発者向けに公開したデータによると、12月4日時点のiOSバージョン別シェアは以下のようになっている(カッコ内は前回11月6日時点)。

  • iOS 11:59%(52%)
  • iOS 10:33%(38%)
  • iOS 9  :  8%(10%)

前回、初めて「iOS 11」の普及率が公開されてから1ヶ月が経過しているが、それ以降の普及率の伸びは7%程度、「iOS 10」の頃に比べると依然として遅い普及ペースとなっている。

この原因はおそらく「iOS 10」ほどの革新的な変化がないためだと予想されるが、その他にも「iOS 11」にはいくつかの大きな不具合が存在したことから、最新バージョンへの移行を様子見している方も中にはいるのではないだろうか。見つかった不具合は現在ではほぼ全てが修正されているので、安心して最新バージョンに移行していただければと思う。

ちなみに、今回Appleが発表したiOSの普及データに関しては、「iOS 10」のリリース以降定期的に発表されており、計測方法は「App Storeを訪れたユーザーのバージョンを調べる」という方法を用いているとのこと。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。