ポケモンGO、今週末に第3世代のポケモンが50種類追加 天気との連動機能も実装

以前、「ポケモンGO」が発表していた第3世代ポケモンの追加実装が、今週末に実施されることが明らかになった。

同ゲームを開発するNianticは、今週末からキモリ、アチャモ、ミズゴロウなどの「ポケットモンスター ルビー・サファイア」の舞台「ホウエン地方」で見つかる50匹以上のポケモンを新たに追加すると発表。これまで全種類のポケモンをゲットしてしまっていた人も、再び新しいポケモン探しの旅をすることができるようになる。

さらに、これからのアップデートでは天気と連動する機能も搭載。ゲーム画面は周囲の天気に合わせて変化し、その天気状況によって「ちかくにいるポケモン」も変化するようだ。雨の日には、水タイプのポケモン「ミズゴロウ」に会える可能性が高くなるなど、天気によって遭遇するポケモンに変化が生じるとのこと。

また、この天気と連動する機能は、ポケモンの繰り出す「わざ」にも影響するとしている。例えば、ほのおタイプのリザードンが覚えているわざ「ほのおのうず」は、晴天で太陽が照らしつけているような日には、特に効果が高くなるなど。

これらのアップデートは今週末に行われる予定。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。