2018年発売予定の次期iPhone、6.1インチ液晶を搭載したモデルは背面が金属製になる可能性

今年9月、3つの新型iPhoneを発表したAppleだが、すでに次の目は次期モデルに向いている。2018年に同社は3つの新型モデルを投入予定と報じられており、5.8インチと6.2インチの有機ELディスプレイを搭載したモデルと、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルが登場すると噂だ。

この6.1インチ液晶モデルに関して、現状では情報量が少ないためどのような端末になるのかは不明とされていたが、Nikkei Asian Reviewが同端末に関する新しい情報を公開している。

液晶搭載モデルは背面が金属に?ワイヤレス充電には非対応?

Nikkei Asian Reviewのレポートによると、同新型モデルは背面に金属パネルが使用される予定であるとのこと。背面のイメージとしては、「iPhone 7 Plus」のような感じになり、複数のカラーラインナップも用意される予定であるという。本体デザインは「iPhone X」のものを踏襲したものになるとみられるが詳細は明らかになっていない。

今年、「iPhone X」という有機ELディスプレイ搭載モデルが出たにも関わらず、なぜAppleは従来型液晶を搭載したモデルを登場させるつもりなのだろうか。

その理由は、おそらくコスト削減によって「iPhone X」よりも安価なモデルを販売するため。有機ELディスプレイがとても高価な部品であることに比べて、液晶ディスプレイは安価。同部品を採用することで、1台あたりの製造コスト30~40ドル分を減らすことが可能であるという。もちろん、製造コストが下がることで端末価格も下がるとみられる。

これらの情報は、Appleの内部事情に詳しいMing-Chi Kuo氏のものとほぼ一致する。しかし、双方の予測で異なるのは新型iPhoneの画面サイズ。Kuo氏は以前に、来年発売の新型モデルは5.8インチモデルと6.5インチモデルが登場すると予測していており、今回のNikkei Asian Reviewの報道とは食い違う。両者の情報のうち、どちらが正しいのかは現時点で不明だ。

また、気をつけなくてはならない点が一つだけ。それは、背面パネルを金属にすることで、「iPhone X」や「iPhone 8」から利用できるようになったワイヤレス充電を、6.1インチモデルでは利用できない可能性があるという点。「iPhone X」や「iPhone 8」がワイヤレス充電を利用することができるのは、背面をガラスパネルに置き換えたからだと言われている。ただ、Appleが新型モデルでワイヤレス充電をサポートしない、ということはとても考えづらい。これらを踏まえて、iPhoneの背面が金属パネルになるという説はそこまで信ぴょう性の高い情報とは言えないかもしれない。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。