2018年発売の新型iPhone、全モデルでバッテリー容量が増加か

2018年に、Appleは計3種類の新型iPhoneを発売すると報じられている。その3種類は、現在の「iPhone X」と同じ5.8インチモデルに加えて、その大型機種となる6.5インチモデル、そして有機ELディスプレイではなく6.1インチ液晶ディスプレイを搭載した廉価モデル

大幅なデザインの変更はないとみられているものの、例年の傾向から多くの箇所でアップデート(改良)が行われると予想され、その中にバッテリー容量の改善も含まれているのかもしれない。

次期iPhoneは全モデルでバッテリー容量が増加か

Appleの事情について詳しいKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の予測では、Appleは新型iPhoneのバッテリー容量を増やすことを計画しているという。

Appleがバッテリー容量を増やす理由は、「iPhone X」の前面に搭載されているTrueDepthカメラの電力消費が多いから。このTrueDepthカメラはすべての新型iPhoneに搭載されると予想されており、バッテリー容量増加はこのためとみられる。

バッテリーは「iPhone X」に搭載されているものと同じく、L字型になる可能性が高い。次期5.8インチモデルは2,900mAh〜3,000mAhのバッテリー容量になるとされ、「iPhone X」からバッテリー容量が10%ほど増える可能性があるようだ。

ちなみに、液晶ディスプレイを搭載した廉価モデルに関しては、コストを抑えるためにL字型ではなく四角形のバッテリーになるとみられるが、それでも現行モデル(iPhone 8)よりは増える見通し。

プロセッサの勝利能力やOSの処理によってバッテリー持ちは異なるため、バッテリー容量は多ければ多いほど良いわけではない。ただ、最近のiPhoneに搭載されているプロセッサは処理能力だけでなく、省電力性も高いことから、バッテリーの増加で連続駆動時間が伸びることになるのかもしれない。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。