「Apple Store」アプリにイースターエッグ 「Let it snow」と入力で画面に雪が降る隠し技が存在

Appleの粋な表現が「Apple Store」アプリに隠されていたことが分かった。iMoreによると、「Apple Store」アプリにとある文字を入力することで雪を降らせることができるとのこと。

雪を降らせるには、「Let it snow」もしくは「Let is snow」と検索欄に入力するだけ。入力後、画面上部からゆっくりと雪が舞い落ちてくるように。

しかもiPhoneの加速度センサーを使用しているため、デバイスをシェイクすると降ってくる雪の量が増えるという遊び心も。

この時期ならではのイースターエッグ、ぜひ自身のデバイスでも雪を降らせてみていただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。