Apple、音楽認識アプリ「Shazam」買収を正式発表

Appleは音楽認識アプリ「Shazam」の買収を正式に発表した。買収額は明かされていないが、先日の報道通りであれば買収額は4億ドル(日本円で450億円前後)とみられる。

Appleは同買収に関し、「Shazamとその才能あるチームがAppleに加わることに興奮している」とコメントしているとのこと。

AppleがShazamを買収 「Snapchat」との連携がどうなるかは不明

ShazamはApp Storeにリリースされてから、最も人気のあるiOSアプリの一つとしてランクインし続けており、今日では世界中の何億人ものユーザーが複数のプラットフォームに渡って使用している。

さらに、Shazamの音楽認識技術は、iOS/macOSのSiriと連携し、音楽を聴かせることで楽曲を検索できるようになっているなど、Appleとは深い協力関係にあった。Shazamは昨年初めて黒字化を達成したが、Appleに買収されたことによって収益力を気にする必要がなくなるなど、今回の買収オファーはShazam側にとっても魅力的なものだったのだろうか。

ちなみに、Shazamの音楽認識技術が何に使われるのかは明らかにされていないが、Appleの定額制音楽配信サービス「Apple Music」で活かされるのはほぼ間違いないだろう。

また、先日の報道では、AppleはShazamの持つAR技術にも興味を持っているのではないか、とも言われていたが、それも定かではない。ちなみに買収後、「Snapchat」との連携がどうなるのかについても明かされていない。

[ via 9to5Mac ]

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。