「人喰いの大鷲トリコ VR」デモ版が12月14日から国内配信開始 さらに「人喰いの大鷲トリコ」がお手頃価格になって再登場

米アナハイムで開催された「PlayStation Experience 2017」で、SIEAは「人喰いの大鷲トリコ VR」を発表。デモ版を12月12日に無料配信することが明かされていたが、同デモが国内でもリリースされる予定であることが正式にアナウンスされている。

同ゲームは「人喰いの大鷲トリコ」の世界をVRで体験することができる作品になっており、目の前に現れる「トリコ」とコミュニケーションを図ることができるという。発売日などの情報はまだ明らかにされていない。

PlayStationブログの発表によると、「人喰いの大鷲トリコ VR Demo」の国内リリースは12月14日。配信はPS Storeで行われ、無料でダウンロードすることが可能。今回配布されるデモは「人喰いの大鷲トリコ」のソフトを持っていなくてもプレイできるが、当然ながらプレイにはPSVRが必要だ。

また、同日には「人喰いの大鷲トリコ」のBest Hits版が発売予定。パッケージ版とダウンロード版ともに4,212円(税込)で買えるようになるため、まだプレイしたことのない方はぜひ購入を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。