ニンテンドースイッチ、全世界販売台数1,000万台を突破 12月中には国内向けにさらなる出荷も計画中

今年3月に発売され、瞬く間に大人気となった任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」。発売から9ヶ月経った現在でも品薄が続いているほどの人気ぶりだが、ついに全世界での販売台数が1,000万台を突破したことが判明した。

任天堂の発表によると、ニンテンドースイッチは12月10日時点で全世界販売台数1,000万台を突破。据え置き型ゲーム機でありながら、ドックから外すことで外に持ち出して遊ぶことができたり、コントローラーの「Joy-Con」を周囲の人に”お裾分け”できる多様なプレイスタイルが評価されているという。

また、任天堂は、12月中にニンテンドースイッチのさらなる出荷を計画していることも発表。もしかすると年末に向けて、各ストアで在庫の追加があるかもしれないので、まだニンテンドースイッチをゲットできていない人は、この12月中は頻繁にAmazonなどのオンラインストアをのぞいておくことをオススメする。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 8
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 22
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。