Twitter、新機能「スレッド」をローンチ 複数のツイートを繋げて同時に投稿可能に

Twitter

米Twitterは12月12日(現地時間)、新機能「スレッド」をローンチしたことを発表した。

この「スレッド」機能は、複数の呟きをリンクさせて読みやすくするためのもので、特定のトピックに関する連投ツイートを一つにまとめることができるという。

 

Twitterによると、ユーザーはひとつの話題について複数のツイートを投稿することが多く、140字から280字への最大文字数の拡大(日中韓を除く)以降もこの現象は減らなかったことから、タイムラインを分かりやすく簡素化することが必要だったとのこと。

Twitterで「スレッド」機能を利用するには、ツイート作成画面の右下にある「+」ボタンを押すだけ。このボタンを押すことで、2つ目以降の投稿が作れるようになり、ツイートを作り終えたら、右上の「Tweet All(全て投稿)」を押すことでタイムラインへ投稿をすることができる

また、公開されたスレッドには「Add another Tweet」ボタンを押すことで、あとからツイートを付け加えることも可能であるとのことだ。

これまで、関連ツイートを繋げて表示するには、引用リツイートや自身へのリプライを必要としたが、同機能を使えば最大文字数(日本語では140字)を超えたツイートが可能になる。長文をツイートする際など、役立つ機会も多そうだ。

この「スレッド」機能は、今後数週間で全ユーザーに解放される予定となっているとのこと。アプリのアップデートが必要になるため、同機能を早く使いたい方は定期的にアップデートを確認してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。