Apple、AirMacシリーズ向けにWPA2の脆弱性「KRACKs」を修正したファームウェアアップデートを配信

今年10月、ベルギーの大学でネットワークプロトコルに関する研究を行っているMathy Vanhoef氏らによって、Wi-Fiの暗号化に利用されるWPA2プロトコルの脆弱性「KRACKs」の詳細が発表された。

発表によれば、同脆弱性は「WPA2」を利用している全てのデバイスに影響があるとのことから、Appleを始めとする大手企業は即座にOSアップデートなどで同脆弱性に対応。しかし、Appleの「AirMac」シリーズに関してはファームウェアアップデートが配信された形跡がなかったが、ようやく今になってアップデートが配信されたことが判明した。

今回ファームウェアアップデートが配信されたのは、「AirMac Time Capsule」や「AirMac Extreme」「AirMac Express」などで、801.11nモデル用にはバージョン7.6.9が、802.11acモデル用にはバージョン7.7.9がリリースされている。これらのアップデートは、すでにiOSなどでは対応済みの脆弱性「KRACKs」への対策が施されたものになる。

アップデートするには、使用している「AirMac」シリーズのネットワークに接続しているMac端末もしくはiOS端末から「AirMac ユーティリティ」を開いて行う。iOS端末から利用するには専用アプリが必要になるので、App Storeから「AirMac ユーティリティ」アプリをダウンロードしてこよう。

ちなみに、「AirMac」シリーズに接続しているiOS・macOS端末がすでに「KRACKs」に対応している場合は同脆弱性を悪用できないとのことだが、一応「AirMac」シリーズを利用している場合は早めにアップデートしておくようにしよう。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。