Apple、宇宙を舞台にした新ドラマを製作へ 「スタートレック」シリーズのプロデューサーRonald D. Moore氏を起用

Appleは、NetflixやHuluといった独自の動画配信サービスに対抗するため、多数の独自映像コンテンツを製作し、「Apple Music」に投下している。Appleが独自の映像コンテンツ配信サービスを提供する予定なのかは不明だが、これらの独自映像製作に10億ドル、日本円にすると約1,120億円を費やす予定であることも報じられている。

そして本日、予算10億ドルの使い途の一部として、Appleは新しいドラマを製作する予定であることが明らかになった。米メディアのVarietyによると、Appleは宇宙を舞台にした新しいSFドラマを製作中であるとのことだ。

「スタートレック:ディープ・スペース・ナイン」「スタートレック:ヴォイジャー」「GALACTICA/ギャラクティカ」などで知られる有名プロデューサー、ロナルド・D・ムーア氏を起用する予定。同氏は脚本家のマット・ウォルパート氏とベン・ネディビ氏と共同製作で、終わらない宇宙の開発競争を描くとみられる。ドラマのタイトルや詳細については明らかになっていない。

 

Appleは独自の映像製作に関して、すでにいくつかのコンテンツを公開している。2017年7月には「ザ・ロック」こと米俳優ドウェイン・ジョンソン氏とSiriが共演した「The Rock x Siri Dominate the Day」が公開。さらに、世界で人気の高いバラエティ番組「Carpool Karaoke」もApple Music版が制作された。

そして2018年には、映画の巨匠スティーブン・スピルバーグ氏とともに「世にも不思議なアメージング・ストーリー」の続編も製作予定であることが報じられている。一部では、人気スパイアクション映画「007」シリーズの配給権獲得競争に参戦したという話も出ていたが、この件に関しては続報はない。

▼ Apple公式サイトでデスクトップMacをチェック
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ via The Verge ]

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。