「Apple 京都」の候補地に「京都ゼロ ゲート」が浮上 2018年にオープンする可能性

applestore

2019年、Appleは京都に新しいApple Storeをオープンする予定であることが明らかになっている。しかし、現状ではいつ、どの場所に出店するのかは判明しておらず、憶測が飛び交っている状態だ。

以前までは京都経済センター内への出店が噂されていたが、Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)は新たに京都ゼロゲート」への出店の可能性について言及している。

「京都ゼロゲート」内にApple Storeが出店か

「京都ゼロゲート」はパルコグループの建物。建屋はすでに完成を迎えており、11月にはフロア内の一部(5~7階)にはテナントが入居している状態だ。Apple Storeが入居するなら、おそらく未オープンの1階部分になることが予想されるが、すでに一部がオープンしていることから、来年あたりには全階が営業を始めることになるだろう。

同地が新しいApple Storeの出店場所に選ばれた場合、求人開始時期から2018年には「Apple 京都」がオープンする可能性も十分にありえる。来年には関西で二店舗目のApple Storeが誕生するかもしれない。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。