ANA、2018年春から国内線のWi-Fiを無料化 

ANAは、国内線で提供しているWi-Fiサービスを無料化することを発表した。2018年4月1日から、国内線で機内Wi-Fiを利用できる機内において、同サービスを無料で提供する予定だ。

また、Wi-Fiサービスを利用できる機材を増便する予定で、2018年度末までに、最大100機でWi-Fiサービスを利用できるようになる。サービスが利用できる機材は、B777・787・737-800、そしてA321。

さらに、2019年下半期にはB777・787型機において、シートモニターやUSB充電ポート、パソコン電源を設置することも併せて発表されている。これで機内でスマホやPCを使って仕事をしたり、調べごとをできるようになるため、今まで以上に快適な空の旅ができるようになる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。