Apple、iOSとmacOSの両方で動作するユニバーサルアプリ開発ツールをデベロッパーに提供予定か

Appleは近い将来、開発者向けにiOSとmacOSの両OSで動作するアプリを開発するためのツールを提供する予定なのかもしれない。Bloombergが報じた。

同メディアによると、AppleはiPhoneやiPad間だけでなく、Mac上でも同じアプリが動作するアプリの開発環境を整えるという。

iOSとmacOSで動作するクロスプラットフォームアプリが開発できるように

現状では、開発者はiPhone/iPad向けならiOS用専用アプリ、Mac向けならmacOS専用アプリを開発する必要があるが、同ツールが提供されることによって、多くのアプリがクロスプラットフォームで利用することができるようになる。

このプロジェクトはAppleの社内で「Marzipan」と呼ばれており、早ければ2018年6月頃に開催される「WWDC 2018」で発表されるとのこと。

WWDC16Keynote-TimCook

具体的なリリース日は明らかになっておらず、2018年秋頃(おそらく次期iOSやmacOSのリリースと同時期)になるとみられるが、秋の正式リリースまでにクロスプラットフォームアプリを提供できるようにするため、WWDC以降に、開発者に対し新しいAPIを提供する可能性もありそうだ。

ただし、iOSとmacOSは全くと言っていいほど別のOSになるため、共通のUIを提供するには少々難しい。このことから、同じUIを無理やり作るのではなく、あくまで開発はiOSがメインとなり、macOS側ではiOSアプリをサポートするだけに留まる可能性が高い。これは9to5Macも指摘している。

ちなみに、BloombergはtvOSやwatchOSのクロスプラットフォーム化については触れていない。tvOSについてはiOSをベースにしたOSではあるが、果たしてどうなるのだろうか。また、App StoreやMac App Storeがどのような扱いになるのかについても明らかになっていない。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「iMac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。