DMC新作「Devil May Cry: Pinnacle of Combat」が正式発表 カプコンからIPを取得しモバイル向けアプリとして中国限定でリリース

スタイリッシュアクションの金字塔「デビルメイクライ」シリーズ最新作は、コンソール向けではなくスマホ向けアプリになることがわかった。

中国のゲームスタジオYunchang Game(云畅游戏)は、シリーズ最新作「Devil May Cry: Pinnacle of Combat(鬼泣:巅峰之战)」を正式に発表。中国向けにリリースすることを発表している。

デビルメイクライ新作は中国向けスマホアプリに

「Devil May Cry: Pinnacle of Combat(鬼泣:巅峰之战)」は、カプコンからIPを取得し開発したアプリでスマホでも高画質なスタイリッシュアクションが楽しめるという。前述の通り、開発はカプコンではないものの、DMCらしさを意識して開発されているとのことだ。ゲームエンジンは、Unityが使用されている。

[ img via MMO Culture ]

公開されたスクリーンショットではお馴染みのキャラクター「ダンテ」や「バージル」らしき人物が。ビジュアルは過去作と同様こだわって作られているようだ。

同作は2018年にリリース予定というが、残念ながら日本でのリリースは予定されていないとみられる。

DMCシリーズは、これまでも携帯電話向け、iOS向けにアプリが開発されており、さらには、韓国向けに2D作品も公開されていたとのこと。つまり、中国圏で同シリーズのアプリがリリースされても違和感はない、とAutomatonも指摘している。実際、中国のユーザーからの評価は高いとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。