ビックカメラ、2018年福袋の店頭販売を元日朝10時から開始 ラインナップも一部公開

ビックカメラは先日、2018年福袋のインターネット販売を行なったが、これらの福袋は店頭でも販売される予定だ。同社は26日、2018年新春福袋を2018年1月1日午前10時から販売することを発表している。

ビックカメラは、すでに一部福袋のラインナップを公開しており、「iOS タブレット福袋」や「格安スマホ福袋」「ブルーレイレコーダー福袋」「1,240万画素ミラーレスレンズキット福袋」といった人気必死の福袋を複数用意していることを明らかにしている。それぞれの福袋は、価格もすでに公開済みだ。

店舗によって販売開始時間は異なるものの、購入を希望する場合は抽選販売・先着販売商品ともに当日朝9時までに受付の列に並ぶ必要があるとのこと。多くの方が朝早くから並ぶことが予想されるため、買いたい商品がある方は早めに現地に行くことをお勧めする。

各販売店の営業時間はこちらから、福袋の販売詳細はこちらから確認していただきたい。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。