今後の新型Macには「T2」チップが標準搭載か – 「Mac mini」の新型モデルも2018年登場か

今月14日に発売したプロユーザー向け端末「iMac Pro」には、Appleの「T2」チップが搭載されていることが判明している。

同チップは、主にシステム管理コントローラやセキュリティ管理を行うために搭載されているようなのだが、同チップは「iMac Pro」だけでなく、今後発表される新型Macにも標準搭載されるのではないかと、国内メディアのMacお宝鑑定団Blogが指摘している。

「T2」チップが「Mac Pro (2018)」や「Mac mini (2018)」に搭載

Macお宝鑑定団Blogによると、先日発売された「iMac Pro」では起動音とEFI ROMの音が廃止され、システム情報で表示されていた「BOOT ROM」「SMC」の表記も無くなっているとのこと。

この起動音の廃止は、起動音の鳴らないiOSのファームウェアをベースに開発されたことによる影響とみられており、Thunderboltなどを含めたIntelチップセットをコントロールすることも可能になると指摘。

Macお宝鑑定団Blog曰く、Appleはこの「T2」チップの実装を他のMacにも進める予定で、2018年に発売されるとみられている新型モデルにも搭載されると予想。具体的には、Appleが2018年に発売を予定している「Mac Pro (2018)」や、さらには「Mac mini」の新型モデル「Mac mini (2018)」にも同チップが実装されると予想している。

Apple公式サイトで「iMac Pro」をチェック!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。