App Store、ホリデーシーズンの売上を発表 元日の売上は過去最高を記録

現地時間1月4日、Appleは今ホリデーシーズンのApp Storeにおける売上について、同社プレスリリース上で報告している。発表内容を抜粋すると以下の通り。

  • 元日は3億ドル(約330億円)の売上を記録
  • 年末年始7日間で8億9000万ドル(約980億円)
  • 2017年はアプリ開発者に266億ドル(約2兆6600億円)を支払った。これは2016年に比べると30%ほどの増加
  • 2008年にApp Storeのサービスが開始されてから、アプリ開発者は860億ドル以上の支払いを受けている
  • ARKitフレームワークは、「ポケモンGO」の他に「CSR Racing 2」「Stack AR」「Pool of Kings」など2,000個以上のアプリに対応
  • 2017年9月に刷新されたApp Storeへは、毎週5億人のユーザーがアクセス

今回の発表から、App Storeは、2017年~2018年のホリデーシーズンで過去最高の売上を記録した。毎年市場規模は大きくなりつつあるが、来年以降も拡大を続けるのだろうか。

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。