富士通、携帯電話事業の売却を正式発表 ーー「arrows」は今後も存続へ

[ img via দেবর্ষি রায় ]

 1月31日、富士通は携帯電話事業の売却を正式に発表。売却先は投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループ、売却額はおよそ500億円。

富士通は、スマートフォンや携帯端末の開発を行っている子会社「富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)」と、製造子会社の富士通周辺機株式会社のうち携帯電話事業部門のみを独立させた新会社「ジャパン・イーエム・ソリューション(JEMS)」の株式を、ポラリス・キャピタル・グループに譲渡する。

株式譲渡は2018年3月末頃までに行われる予定で、譲渡後の富士通の株式保有率はそれぞれ30%、19%に下がるとのこと。

ちなみに、富士通の株式譲渡後も「富士通コネクテッドテクノロジーズ」は「arrows」ブランドを継続し、新型モデルをリリースする予定。また、「ジャパン・イーエム・ソリューション(JEMS)」はポラリスの傘下になることが決まったが、富士通周辺機株式会社は富士通の子会社として今後も存続する。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。