ソフトバンクグループ、ソフトバンク株式会社の株式上場準備を開始

2月7日、ソフトバンクグループは、傘下の携帯事業会社ソフトバンクの株式を東京証券取引所に上場させる準備に入ったことを正式に発表した。

同社は、ソフトバンクの株式を上場させることによって、グローバルな規模で投資を進めるソフトバンクグループと、通信事業分野の中核を担うソフトバンクの役割を明確化することを目指す。

株式上場の準備にあたっては、ソフトバンクが上場後もグループの通信事業分野において重要な連結子会社であることを前提とし、またソフトバンクグループの信用力およびキャッシュフローへの影響を考慮して、慎重にグループの組織構成および資本構成を検討、財務の健全性にも配慮しながらグループ全体の成長と企業価値の最大化を目指す、とのこと。

株式上場が実現すれば、市場から調達する資金は2兆円規模になるとみられている。

ただし、株式上場の準備過程における検討の結果次第では、ソフトバンクを株式上場させないという結論に至る可能性もあるとしている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。